フリーランスで納期を守れない人がやったほうがいいこと

FavoriteLoadingこの記事を後で読むに追加

フリーランスで重要なのは納期を守って納品すること

フリーランスは基本的に個人で稼ぐ職業なので、責任は全て自分で取らなければなりません。
ですので”委託された仕事を納期通りに納品する”のは当たり前です。
まあ社会人として当たり前なことではありますが、”絶対守らなきゃ”と思うと難しいですよね。
スケジュール管理やタスク管理って言うのは基本中の基本のようで、ほとんどの人が出来ていません。
でもフリーランスだと他にやってくれる人はいないので自分でやらなくてはなりません!

スケジュール管理のコツ

納期をもらったらスケジュール帳に印をつけるとか、人によって色々工夫はしてると思いますが、

  • スケジュール帳はプライベートと仕事用を同じにすること

これが重要です。
どうしてもプライベート用と仕事用をカッコつけて分けたくなってしまいますが、
そうすると仕事用を開く時間がどうしても少なくなってしまいます。
スケジュール帳をどんな理由で開いたとしても、「あ、納期近づいてきたな」と
感じられるように、スケジュール帳は1つにすることが望ましいです。

  • 納期だけでなく、細かいスケジュールも決める

納期をスケジュール帳に書いたりするのは誰しもがやっている事だと思います。
でもそれだけじゃ絶対遅れます。
1つの納期で最低3つはもっと細かいスケジュールを決めましょう。
例えば今日が2/20で3/20が納期だったら、
2/25に△△さんに指示出し、2/30に回収、3/10までに作業完了、
3/15に○○さんに確認出し、3/18にfixする、など。
作業や誰かへの確認出しの期間まで想定しましょう。

  • 指定された納期の2日前には必ず終わらせる

ですが、”早めに終わらせておこう”と言う気持ちは完全にNG!!
指定された納期の2日前が完全な納期だと自分を勘違いさせておくべき!
なので大げさに言えばスケジュール帳に書く納期も、
指定された納期の2日前を書いてもいいくらいです。
でも本当に自分が勘違いしたらめんどくさい人になるので、
勘違いしそうだなと言う人は仮納期で2日前にも書いておきましょう。(笑)

  • 誰かに指示を出さなきゃいけない時、素材を納品してもらう時などは自分のスケジュールの1日前に催促を入れる

先方から素材をもらったり、他の誰かと共同で作業をするような場合、
その方々に納品してもらう1日前には催促を入れておきましょう。
「素材の納品、明日の予定ですが進捗大丈夫そうでしょうか?」
と一言入れるだけでもOK。
この人たちが1日納品を狂わせるだけでどんどんスケジュールが崩れてしまいます。

  • 万が一スケジュールが1日でも遅れたら次の日で必ず軌道に戻す

細かくスケジュールを決めても、そのスケジュールが少し遅れてしまう日がたまにありますよね。
そのせいで自分が決めたスケジュールから1日ズレてしまった、と言う場合は
必ずその次の日にマッハで作業などを終わらせて軌道修正します。
これは「いつか軌道に戻せるでしょ」と思ってだらだらとやっていると普通に納期に遅れるからです。
なので何が何でも次の日には軌道修正をしましょう。

  • なんだかんだで納品物が出来てもどうせ修正が入ります

こうして2日前に納品物が出来て、明日提出すれば安心!と思ってませんか?
いやいやそんな簡単じゃないです。
自分が「出来た!」と思って先方に提出しても、先方が思っていたものと違うことなんて日常茶飯事です。
提出後、数時間後には「これをこう直してください」と言う連絡が99%来ます。(笑)
なのでその時間も含めて考えていると、2日前に納品物を完成させても実質納期はぴったりなんですね…。

タスク管理のコツ

フリーランスはスケジュール管理だけでなくタスクの管理も重要です!

  • タスクも細かく管理することが大事

どこまで細かくするかと言うと、私は「○○さんに△△のこと聞く」とかまで書いています。(笑)
後は忘れがちな「○○さんに電話する」とか、「打ち合わせ候補日作っておく」とか。
本当にタスク管理には何でもかんでもメモをしていきます。

  • リサーチや読みたい本などもタスク管理に入れる

「○○についてリサーチする」などのタスクも私は山ほど持っています。
それは思いついた時にはリサーチする時間がなかったり、
もっと集中できるときに調べたいなあ、と思ったりすることがあるのですが、
頭の中で後回しにすると絶対に忘れるのでタスクとして管理します。
また、読みたい本などもそれに合わせてタスクに入れておきます。

  • タスクは一つ残らずこなす

タスクは後から「やらなくていいや」となるものは一切ありません。
全て時間をかけてでもいいので一つ一つこなしていきます。
それがなかなか自分で出来ず、どうしても出来ないタスクが出て来てしまう人は
自分でタスク期限を決めておきましょう!
期限までに必ずこなさないと仕事が出来る人になるのは難しいです。

結局は「やり切る」と言う気持ちが大事

フリーランス 納期

結局は仕事をやりきろう、と言う気持ちが大事であり、
なんとなく「楽してお金もらいたい」とか「ちょっと手を抜いても許されるよね」と
思うような人は一生仕事が出来る人と他人に思ってもらえることはないでしょう。
また、そう言う人はフリーランスには向いてないので、
社員になって上司のもとで管理されながら仕事する方がいいでしょう。
フリーランスになる以上、責任を持って楽しく仕事をこなしていくのが大事です!
なのでタスク管理やスケジュール管理もしっかりして、
「また仕事頼んでもいい?」と言われるようなフリーランスになりましょう!