MacでWindowsが使えるソフトParallelsを使ってみた

MacでもWindowsが使いたい
FavoriteLoadingこの記事を後で読むに追加

たまたまWindowsしか対応していないゲームがやりたくて、ついにMacでWindowsが使えると言うParallelsと言うソフトを導入して見ました!
有料で安い訳ではないので、めちゃくちゃリサーチして精度を確認した上で購入しましたのでご紹介します!(笑)

MacでWindowsを使いたい場面はかなりある…

MacでWindowsを使いたい場面は様々で、

  • Windowsのが無料動画編集ソフトが豊富
  • Mac非対応のオンラインゲームが多い
  • サイト制作でWindowsの画面を確認したい時がある

と言うのが私の主な理由でした。
だからと言ってこの理由のために中古でも最低5,6万円はするWindowsパソコンを買うのは勇気がなかった….!
なのでどうにかMacにWindowsがインストールできないか?と調べまくったのでした。

ParallelsはMacにWindowsが搭載可能

Parallels

今回紹介するParallelsと言うソフトは、インストールするとMacでWindowsが起動できるようになります。
イメージとしてはParallelsが起動してその中でWindowsが立ち上がるので、通常のMacの機能を利用しながらWindowsを使うことが出来ます。
ですのでMac全体がWindowsに変わってしまうと言うよりは、どちらの機能もウィンドウのように切り替えることが出来ます。

Parallelsの値段・利用できるスペック

Parallelsはスタンダードプランなら8345円から利用でき、購入すれば一生利用することができます。
また無料トライアルもあるので、気になった方は無料トライアルから試しても良いと思います。

Parallels

MacBook®・MacBook Pro®・iMac®・iMac Pro®・Mac mini®・Mac Pro®のOSで利用することができます。
Mac製品ならほとんど利用できますね!

Parallelsを利用する場合の注意点

Parallelsを導入する場合、いくつか注意点があります。

  • MacOSと同時に利用するのでかなりメモリを利用します
  • スペックによってはWindowsOSを利用するだけで精一杯な場合も
  • キーボードはMacにないキーは入力できません

この注意点を理解した上でインストールすればそこまで不満は出ないかと思います。

Parallelsを実際に利用してみて

Mac Windows

Parallelsを導入してもう2年くらい経ちますが、今の所問題なく快適に利用できています!
私はWindowsでオンラインゲームを使用することが多いのですが、MacOSの方で音楽や動画を流したりと上手く両方使用しています(笑)
Parallelsのメリットをまとめると、

  • メモリ4GB以上のスペックならWindowsもMacも併用して使用できる
  • キーボードもそこまで気にならない
  • 難しい設定などもなく、購入からインストールまで問題なくできた
  • サポートは海外の人でしたがとても丁寧に対応してくれた
  • BootCampより個人的にはこちらのがおすすめ

と言う形でとても満足できる買い物となりました!
値段もMacにWindowsを搭載すると言うソフトの中ではかなり安い価格帯なので、
なのにこの満足度は本当に嬉しい!Parallelsを選んで安心しました。

MacにWindowsを搭載できるParallelsまとめ

今回はMacにWindowsを搭載できるParallelsと言うソフトをご紹介しました。
是非MacだけどWindowsが使いたい!Windowsしか対応していないソフトがある!と言う方は、
パソコンを買うより9000円以下でParallelsを導入してみませんか?
安いのにクオリティはとてもよかったので本当におすすめのソフトです!