フリーランスと個人事業主の違いって何?1分で分かる豆知識

FavoriteLoadingこの記事を後で読むに追加

フリーランスと個人事業主の違いは分からないと恥ずかしい

最近はフリーランスフリーランスとよく聞きますが、実際個人事業主とどう違うのか分からない人も多いと思います。
ただ正直、社会人としてフリーランスと個人事業主の違いは話せた方がかっこいいです…!
この機会に是非フリーランスと個人事業主の違いを話せるようになりませんか?
今回は1分で分かる!フリーランスと個人事業主の違いについてお話しします!

まず個人事業主とは

個人事業主とは、団体に所属せずにお金を稼いで生計を立てる人のことを言います。
個人事業主になるには開業届を出して税務署に商業をしたいと申請を出します。
その申請に通った人達が個人事業主になることが出来ます。
個人事業主になって何ができるようになるかと言うと、

  • 正社員やアルバイトなど雇用されなくても稼いで良いとされる
  • 人を雇うことができるようになる
  • ビジネスを好きに始めて良い
  • 自分自身で所得税などを申請できる

と言う許可が税務署からおりる事になるんですね。
なので、個人事業主でない方が副業をしたり会社以外のビジネスで稼ぐことは基本的には違法になります。
雇用されずに自分自身で稼ぎたい場合は必ず個人事業主か法人にならなければなりません。

それではフリーランスとはなに?

それではフリーランスとはなんなの?と言うところですが、
フリーランスは会社などの団体に所属せず、会社から受注を受けて仕事をする人のことです。
一般的には一人で会社から仕事を受けてそれを納品して稼ぐ人のことですね。
フリーランスでも人を雇う人はいますが、世間的なイメージだと一人で仕事をしている人のことです。

フリーランスと個人事業主の違い

フリーランスも会社に所属せず稼ぐ事になるので、
実は開業届を出して個人事業主にならなければいけません。
なので肩書きは変わりますがフリーランスも個人事業主となるので、中身はほとんど一緒です。
ただ、個人事業主と言うのは法人事業者の対義語であるので、厳密に言うとフリーランスと比べられる単語ではありません!
フリーランスはあくまでも働き方の名称なので、2つは全く違う単語なんですね。

  • 個人事業主の中のフリーランスと言う働き方

と思った方が無難だと思います。
もちろんフリーランスも個人事業主に入るので、
個人事業主の大枠の中の働き方の一つという事ですね。
でもじゃあフリーランスと個人事業主ってそれぞれどういう時に使う言葉なの?と言うと…

  • 「個人事業主になって、通販で一人で稼いでいる人」は個人事業主
  • 「個人事業主になって、企業からHTMLやCSSの修正依頼を受けて仕事してる人」はフリーランス

と言ったケースで分けられます。
こう見ると個人事業主はほぼ独立してビジネスの生計を立てられている人で、
フリーランスは企業に仕事をもらって納品していると言うイメージがつきますね。
ざっくりですが、こんな使い方をしておけばまず間違いないでしょう。

よく分からない時は会社を芸能事務所として考えると分かりやすい

フリーランス 個人事業主 違い

ここまで読んでもよくわからないよー!と言う人は、
会社を”芸能事務所”として考えると分かりやすく整理されると思います。
いわゆるフリーランスや個人事業主は芸能事務所に所属していない人たち。
両方とも芸能事務所の営業などに手を借りず自身で仕事を取る仕組みを作り、フリーで活動しています。
ただフリーランスに関しては、まだ営業スキルに自身がなくビジネスにも詳しく無いので、
どう仕事を回すサイクルを作ったらいいか一人では分かりません。
なのでフリーランスは仕事を抱えすぎて自身のタレントではこなせなかった仕事を芸能事務所からもらい、それを職にするのです。
逆に個人事業主は自身で仕事を取れる術を知っているので、
他の芸能事務所に頼る事なく自身で経営し現金に変えるところまで出来るのです。
ただ、法人にするほどの売り上げもなく、法人にするデメリットもあるので、
“個人事業主”として働き続ける方が儲かるので個人事業主で経営をするんですね。

フリーランスはどちらかと言えば個人に優しい働き方

“個人事業主”と言うと仕事に対してハードルが上がりそうですが、
“フリーランス”と言うとなんだかただ個人で働いていると言うイメージがつきますね。
その通りでどちらかと言えばしっかりした個人事業主としてバリバリ働くより、
個人事業主をする中でフリーランスと言う働き方を選択した方が敷居は低く、
個人事業主で仕事をするにはやりやすい働き方だと言えますね。
だからこそ、今会社に所属せずに働きたい!と言う人達がフリーランスで働き始めるのです。
しかもフリーランスは現在若者に流行っていますが、もともとフリーランスは存在しているので、
数は少なくとも30代〜50代の方でもバリバリフリーランスの方はいらっしゃいます。
だんだんと仕事への概念が変わってきている証拠ですね!

フリーランスと個人事業主の違いって何?まとめ

フリーランスと個人事業主の違い、いかがでしたでしょうか。
結果的に言えば、2つは全く違う単語なので比べられるものではありません。

  • 個人事業主は法人の対義語
  • フリーランスは個人事業主の働き方の一種

この2つを理解しておけばもうフリーランスと個人事業主の違いに関してはバッチリだと思います!
他の取引先や、上司と話すときに恥ずかしくないようしっかり理解してくださいね!