採用担当者に聞いた「面接ではここを見てる」12選!

FavoriteLoadingこの記事を後で読むに追加

採用担当者になってみないと面接の基準って分からない

面接って人が判断するものなのでなかなか攻略するのが難しいですよね。
しかも、採用担当者の好みによったりする場合もあるので更に難しいですよね。
でも今回は、一人の採用担当の方に普段面接ではどんなところを見ているか
またどんなところを気にするかどんな人は必ず落選とするかを聞いて見ました!
聞いていて「そりゃそうだ」と思ったので、このポイントは抑えておいた方がいいと思います!

まず”いいな”と思うポイント

実際にIT企業の採用担当者の方に詳しく聞いて見ました!
まずは面接をしていて「いいな」と思うポイントを教えてもらいました。

  • 「よろしくお願いします」の挨拶があるだけで好印象
  • ハキハキと話してくれる
  • 分かりやすく、噛み砕いて話してくれる
  • 身なりがきちんとしている

ここが基本的に見るポイントだそうです。
やはり挨拶やマナーもしっかりしている人が好印象のようですね。
意外と話し方も重要、とお話されていました。
“身なりがきちんとしている”と言うのはやはりスーツだったり、
私服の場合もジャケットなどなんとなく”仕事”っぽさを感じる服装が好印象になるようです。
IT企業だと面接に”私服で良いです”と言う企業が多いと思いますが、
その場合もスーツだったり仕事をするようなジャケットとパンツで訪問するといいですね!

採用とするポイント

それでは実際に「採用!」とするような人にはどのようなポイントがあるのでしょうか!

  • 求人で出した”欲しい人材”とマッチングしているか
  • コミュニケーションに難はなさそうか
  • 分からない言葉などは曖昧にしないで質問してくるか

などが重要なポイントになるようです。
一番大事なのはやはり欲しい人材とマッチしているかどうかですよね!
応募する際に求人をよく読んで、この仕事ならバッチリできる!と思ったものにだけ応募する方が採用の確率が上がるかもしれません。

こう言う人は落としました!面接NG行為

フリーランスと正社員、どちらも何十人も面接をしたと言う採用担当者さん。
こんな人は落としました!と言うNG行為があったそうなので教えてもらいました!

  • ボロボロの私服で来た現在は無職さん

基本的にマナーとしてはボロボロの私服はアウトです!
お金にかなり乏しいのでしたら、そうなる前に就活をするべきだったのではと思ったそう。
また、そこを改善する気がない雰囲気なところも落選の決め手だったと言うことです。
更にその方は実家暮らしだったと言うことで、アルバイトすれば良い洋服も買えるのでこう言う場合は事前にいい服を用意しておけるといいですね。

  • 持ち物がペットボトル一本だった人

この人も普通の私服で来社され、まさかの手ぶら来社だったそう。
そして持ち物はよろよろのポケットに突っ込まれたペットボトル一本のみ…。
しかもそのまま椅子に座っていたそうで、ペットボトルがどうなっているかすごい気になったそうです(笑)
面接ではやはりマナーとしてカバンは持っておきましょう…!

  • 求人内容と全く違う職業だった人

求人ではエンジニアを募集していたのに、実際に来たのは「個人でブログを書いていた人」。
本人はブログのアフィリエイトで稼いでいたので、お仕事できます!と自信満々だったそうなのですが、
流石にエンジニアをお任せするには全然環境が違うし、
エンジニアを1から社内で教えるのは厳しかったので落選となってしまったそうです。
例えばアフィリエイトで稼げると言うスキルも、ちゃんと求人を探せばマッチングするニーズはあるので、
きちんと求人内容と自分ができることを見極めることが大事ですね…!

  • やる気はあるがとにかく1から教えて欲しいと言う人

基本的に中途を募集している場合は、特定のスキルがある人を求めています。
「(とにかく就職したいから、)1から教えてもらえれば何でもやります!」と言うスタイルはマイナスです。
逆に言えば「何も出来ないので教えてください!」と言っているようなものです。
絞り出してでも自分のスキルを見つけてマッチングできる求人を探しましょう!

こんな人は特に「おっ!」と思う人

これまでいいポイントと悪いポイントを挙げて頂きましたが、
その中でも特に「この人はいいな!」と思うポイントがあるそうで、

  • 現実的な仕事の話ができる人

この記事でも書きましたが、自分のスキルの話ができるといいですね!
私もフリーランスの面接では完全に仕事の話ばかりしていますね…。
私は気持ち悪いほど仕事が好きなのでちょっと特例かもしれません。。(笑)

採用担当者に聞いた「面接ではここを見てる」まとめ

  • 私服でもジャケット着用がマスト!
  • 挨拶や細かいマナーの事前リサーチも忘れずに!
  • 自分のスキルは必ず見つけておこう!