会社などビジネス上でのメモの取り方のコツ

FavoriteLoadingこの記事を後で読むに追加

ビジネスで誰でもやる「メモを取る」こと

会社やアルバイト、色んなところで「メモを取る」場面は出て来ますよね。
仕事ができない人の特徴5つ

上記記事でも紹介しましたが、いくら仕事ができる人でも「メモを取る」のは重要です。
ここではそんな「メモ取り」のコツを執筆したいと思います。

殴り書き用ノートを作る

上司から注意を受ける時や、会議でメモを取る時など、
人の話を聞きながらメモを取る場合は殴り書きでOK
最初は必ず殴り書き用ノートに書き込んでいきます。

この時は間違えたらぐしゃぐしゃと消しても、見にくくてもOK!
最低限自分が読めるようにはしてください…

清書用ノートを作る

殴り書きノートに書いたことは、全て後から清書用ノートに書きましょう!
必ず空いた時間にゆっくり書いてください。急いで書く必要がない時に!

清書用ノートは後から自分が見返す用のノートです。
殴り書き用ノートはただの一時的なメモ。清書用ノートに綺麗に書き写しておきましょう!

清書用ノートを綺麗に書くコツ

左と右にカラムを分けて書くとグンと見やすくなります!
また、1色ではなく2〜3色は使うのがベスト!
マーカーを使って彩も綺麗にすると見やすいです。
ピンクマーカー→最重要 イエローマーカー→次に重要
と私は使い分けてマーカーをつけていました。
ちょっとしたコメントや忘れたくないことは吹き出しにして書くと更に忘れにくいです。

メモの取り方 コツまとめ

  • 殴り書き用ノートと清書用ノートを使い分ける!
  • 殴り書き用ノートは人に見られてもいけないし自分で見返すのもNG
  • 清書用ノートは絵を描いているみたいに楽しく書く!
  • 想いを込めて書くだけで一気に記憶力もアップ

これを実践しただけで仕事っぷりが変わって周りに驚かれてしまうかもしれません!

私はこれを始めただけで記憶力が格段とアップしたので、ノートを見返すことも少なくなりました