個人事業主になるにはどうしたらいいの?流れまとめ【永久保存版】

FavoriteLoadingこの記事を後で読むに追加

個人事業主ってそもそも何?

個人事業主とは、株式会社など、会社に所属せずに事業を行う人のことを個人事業主と言います。
簡単に言えば法人じゃないのにビジネスしてる人のことですね。
分かりやすい例だと、商店街でお店を開いているおばさんおじさんとか、
法人になっていない農家の方とかは皆さん個人事業主なんですよ!
もちろんフリーランスも区切るとするならば個人事業主の区分になります。

個人事業主になりたい!と言う声をよく聞く

TwitterでもたまにDMを公開していますが、ここのお問い合わせなどでもよく
「フリーランスになりたいです!」や「個人事業主になりたいんですがどうすればいいんですか?」のような声を多く頂きます。
正直、フリーランスになるならないとか、個人事業主になるならないとかじゃなくて、
なってどうするか?」の方が重要すぎて、返答に困ります(笑)
と言うか、個人事業主になるのは正直簡単なのでいっそここで公開しようと思い書き始めました。

個人事業主になる流れ

そんな個人事業主になる流れですけど、簡単2ステップ….

 ①事業所を用意する 

 ②開業届を税務署に提出する 

 これだけで個人事業主に! 

ね、簡単でしょ!?
「どうやってなるんですか?」と言われても、開業届出してくださいとしか言えない。(笑)
なるだけならとっても簡単なので、皆さんすぐにでも試してみてくださいね。
また開業届を税務署に提出するのが面倒なんだよ〜と言う人もいると思いますが、
今や開業届も郵送で提出できるので私は税務署に訪問せずに個人事業主に慣れましたよ!

個人事業主になるのに注意すること

手順は簡単なのですが、注意することはあります。

  • 事業所はオフィスとして使用可能な賃貸か一軒家のみ
  • 会社に勤めている場合は副業可でないとアウト
  • 収益が出たら必ず確定申告をして納税する
  • 確定申告の仕方を開業届で決めますが、青色申告がオススメ

事業所がちょっとめんどくさくて、必ず事業をする場所を書かなくてはならないのですが、
普通の賃貸だとほとんど事務所として使用不可なところが多いんです。
だからオフィス使用可能な賃貸に住むか、購入した家を事業所にするしかありません…。
なので私は事業所は実家の一軒家を使わせてもらっています!
それと別に一人暮らしの家を持っているので納税は大変ですが…。
購入している家なら事業所として使用できるので、この場合はご家族に相談してみてくださいね。
ちなみに税務署から確定申告の手紙が事業所に届きますので、嘘はつけないので注意してくださいねー!
また、個人事業主になった瞬間あの面倒くさいと言われる確定申告も始まります!(笑)
申告方法はやはり青色申告が普通の個人事業主ならオススメです!
よく分からなくてもとりあえず青色申告にしておけば大丈夫!(笑)

個人事業主になった後の不安

個人事業主になっても、お金が稼げなかったらどうしよう!
収益全然生み出せなかったらどうすればいいの!?と思ってる人も多いと思います。
でも大丈夫!開業届を出しても収益が生まれなかったらそのまま事業を続行しててOK!
私も売上0円で3ヶ月くらいうだうだしていた時期があります…。
別に収益が出ていなくたって、税務署から連絡が来たりしないので安心してください。
だからとりあえず個人事業主になっておくことはビジネスにおいてとっても大事!!
初めて手に入れる肩書きとしては手っ取り早いので是非取得してくださいね。

これであなたも立派な個人事業主

個人事業主になるには

この手順だけであなたも立派な個人事業主です!
後はどうお金を稼ぐか?と言うところを考えればビジネススタートですね。
個人事業主になることは本当に簡単なので、まずはやってみることがスタートになるかなあと。
逆に個人事業主じゃない人にビジネスのことを教えても「きっとやらないだろうなあ…」となるのが目に見えるので、(笑)
もしビジネスのことを相談して頂けるのなら是非先に個人事業主になってみてくださいー!
この記事を見てたくさんの方がビジネススタートするのを楽しみにしています!