ベンチャー企業は”クラウドソーシング”を上手く利用するべき!その訳とは…

FavoriteLoadingこの記事を後で読むに追加

クラウドソーシングって実は相当便利なのです

ベンチャー企業で働くみなさん、またはベンチャー企業を動かしている代表の方々、
中小企業だと必ず社員のことで壁に当たることがありますよね。
そんな時、クラウドソーシングで外注してみることをとてもオススメしています。
外注ってメリットデメリットあると思いますが、上手く使えばとっても役立ちます!

クラウドソーシングを使うメリットとは

  • 基本的に特定スキルのプロ達が登録している
  • プロなのでその仕事に関してあまり質問されることがない
  • 引き継ぎの時間がほとんどいらない
  • 一度仕事をするので相手のことが分かりやすい
  • 単発で契約終了するので合わないと思ったら別の人にすぐ頼める
  • 社員が分からない仕事を1から調べるよりコスパがいい
  • 採用すれば売り上げ&利益アップ間違いなし!

などなど。クラウドソーシングを使うメリットは意外にも多いです。
私が強く思うのは、社員に覚えさせたくない作業は外注で済ませる
と言うのが一番いい外注の使い方だと思います。

更にこれから独立や起業を考えてる人にもオススメ!

独立や起業のスタートアップにもクラウドソーシングはとてもオススメ!

  • スタートアップしか必要でない人材を単発で雇える
  • 社員よりコストを抑えて良い仕事をしてもらえる
  • 会社の知名度がなくても応募がたくさん来る!
  • 1→10に外注を使えばスピードアップ!

登録や案件募集だけなら無料のところが多いので是非一度募集してみてください!

私がオススメするのは日本最大級の仕事マッチングサイトと言われるランサーズ

もはやIT企業では当たり前のランサーズですが、業種によっては知らない人も多いです。
インターネットで外注を任せたいならランサーズがとってもオススメなんです!

仕事のカテゴリもめちゃめちゃ多いので、色んな仕事の募集が出来ます。
更に私は外注をランサーズでかなり募集するのですが、絶対応募が3件以上来ます!!(笑)
私はほぼ1人で仕事をしているので、こんな無名のやつに応募が来てくれるのが有り難すぎる…

ランサーズで募集するならこんな例があります!

  • 1人でアフィリエイトサイト運営→ライターの外注
  • EC通販で商品をたくさん増やしたい…→商品登録の外注
  • アプリ開発をしたいけど社員には出来る人が居ない…→エンジニアの外注
  • 自社サイトがなんかダサい…→Webデザイナーやコーダーの外注
  • 自社ロゴをリニューアルしたい!→Webデザイナーの外注
  • 運営するサイトを増やしたい、管理をしっかりしたい→Webディレクターの外注

などなど、様々な用途で外注が使えます!
こう見ると単発のが雇う側としても都合がいいことが多いですよね。

まとめ

  • クラウドソーシングは上手く利用すれば利益アップに!
  • スタートアップにもオススメ!
  • クラウドソーシングで一番便利なのはランサーズ