仕事が欲しい人必見!フリーランスで仕事を取る方法4選!

FavoriteLoadingこの記事を後で読むに追加

フリーランスで仕事を取るのは難しそう

いきなり「今日からフリーランスになろう!」と思っても、
「あれ?仕事ってどうやって取ってくるの?」となりますよね。
また、フリーランスを始めて長いのに仕事がなかなか取れない人も、
このやり方を見て参考にしてください。

フリーランスで仕事を取る方法① ひたすら営業メール

一番手っ取り早くて、意外と企業が話を聞いてくれる営業メール。
フリーランスでリモートワークになってしまいますが、メリットを精一杯話しましょう。
また、フリーランスなのでスキルをひたすらアピールするのが大事ですね。
後は普通の社員にはないスピード感と手頃な料金価格。
それを記載すれば思ったより企業は話を聞いてくれます。

フリーランスで仕事を取る方法② フリーランス専門の求人サイト

最近はフリーランスやリモートワーク、在宅ワークの求人も増えて来ました。

フリーランスの仕事探すならフリーワーク

ここはフリーランス専門の求人サイトですが、他のフリーランス用求人サイトとは違いフリーランス側も掲載が可能です。
ここに掲載希望を出すとフリーランスとして掲載され、企業から直接オファーが来たりします。
フリーランス掲載はお金がかかりますが、仕事がもらえる料金だと思ったらとても良心的な値段です。
他でも自分で仕事を探しながら、ここにフリーランス掲載しておくと安心ですね。

フリーランスで仕事を取る方法③ クラウドソーシング

クラウドソーシングは基本単発の仕事になってしまいますが、
フリーランスとしてのスキルアップや気に入ってもらえたら長期契約、と言うこともあります。
ただし意外と難しい仕事が多いのとクライアントとのトラブルは多めです。
クラウドソーシングで有名なのはやはりこちら

ここはクラウドソーシングの中でも比較的やりやすい仕事があります。
また登録者数も多いので様々な仕事を探すことができます。

フリーランスで仕事を取る方法④ 自身のサイトに問い合わせを置く

こちらは難しい案かもしれませんが、自身のサイトを作りそこに問い合わせを置くことです。
SEOやマーケティングを調べる必要がありますが、自身のサイトにセッションが集まり
定期的に仕事が来るようになれば今後食いっぱぐれることはないでしょう。
また強行手段としてリスティングなどの広告を出す手もありますので、
ポートフォリオを作るついでと思って1つは作成しておいて損はないと思います。

私はメディアサイトなどをいくつも作ってそこの問い合わせから仕事を得ることが多いです